保険のシステムやソフトの導入についての実態

ソフトの種類

パッケージ型について

国保中央会介護伝送ソフトには2種類あり、パッケージ型について説明します。
パッケージ型と呼ばれるタイプのソフトはパソコン自体にソフトをインストールして利用することができます。
このタイプのソフトの大きい魅力はセキュリティに特化しているということなのですが、ソフトの更新だけでなくメンテナンスは事業者で行わなければいけないため、ある程度のパソコンの知識やスキルが必要になってきます。
注意点なのですが、このタイプのソフトはインストールしたパソコンでしか作業が行えないので、パソコンの故障などのトラブルが発生してしまった場合には作業が出来なくなってしまうことがあります。

ASP型について

ASP型と呼ばれる国保中央会介護伝送ソフトですが、これはパッケージ型と異なりインターネット経由で作業を行うことが可能です。
こう聞くとセキュリティ面に対する心配が出てきますが、パスワードとアクセスキーの管理をしっかりすることで情報漏洩のリスクを下げることは出来ます。
インターネット経由ですのでどのパソコンでも作業をすることが出来ますので、パソコンが壊れてしまっても安心です。

比較について

2種類の国保中央会介護伝送ソフトの内容を説明しましたが、それでも実際にどちらのタイプを使用するかを悩む人はいます。
自信が持つパソコンのスキルや豆知識があるのならパッケージ型にはなりますが、金額もだいぶ異なりますので、専門業者などに相談をして購入かレンタルを行うことがベストです。
自分にとって使い勝手の良い国保中央会介護伝送ソフト選び、作業の負担を軽くすることです。

Menu