保険のシステムやソフトの導入についての実態

作業内容

機能について

国保中央会介護伝送ソフトには作業の負担が軽くなるようにちゃんとした機能が備わっています。
機能は介護保険報酬請求を行う上で必要な機能、必要ではないがあると便利な機能の2種類あります。
これらの機能を把握して国保中央会介護伝送ソフトによる作業の流れを見ていきます。

必要な機能

国保中央会介護伝送ソフトに必要な機能には5種類あり、台帳管理と計画書作成、予定実績管理、国保連請求、利用者請求があります。
台帳管理は利用者や取引先のだけでなく介護に関係する人や用具の会社の情報を管理します。
計画書作成は居宅サービスや週間サービスの計画書、支援の経過、介護に関する計画書を作成します。
予定実績管理はその名の通りで予定と介護の実績の報告になりますが、それだけでなく利用票や提供票の作成などを行います。
国保連請求は介護給付費明細書や給付管理票の作成だけでなく、国保連伝送や請求審査結果の確認や国保連お知らせの確認を行います。
最後に利用者請求ですがこれは請求書や領収書の作成だけでなく、入金情報の管理、交差振替請求も行います。

あれば便利な機能

必要というわけではないけど国保中央会介護伝送ソフトにあると便利な機能についてですが、これは4種類あります。
1つ目にはシフト表作成と給与計算、2つ目に各種データ出力、3つ目に複数PC利用可、4つ目にデータ連携があります。
介護保険を利用する側の情報や台帳作成や管理の負担だけでなく、管理制作側の負担も減るようにしてほしいということが伺えます。

Menu